遺言

トップページ

相続の仕事をしていて想うこと。

1+
行政書士の仕事とはどのようなものですか?とよく聞かれます。一言で説明するのは難しいのですが、私は相続の仕事をするために行政書士になったので、他の行政書士の方々とは動き方が違うかもしれません。毎日のようにいろんな場所に出かけています。たとえば
トップページ

家族信託はどんな人が利用するのか

1+
相続問題がクローズアップされるにつれ、毎年のように相続関連の法改正がされるようになりました。相続税がかかる人の割合が高まっていることに連動して、各種の相続税対策が話題になっています。中でも最近よく耳にするが家族信託ではないでしょうか。家族信
トップページ

「相続セミナー」に参加する時のポイント

1+
各地で『相続セミナー』が開催されています。様々な業種の組織団体が主催していますので、誰が開催するセミナーなのかをしっかり見極める必要があります。たとえば、
エンディングノート

尊厳死宣言の是非

1+
尊厳死宣言の問題は、宣言したことを伝えるべき人にどう周知徹底するかということです。周知できていなければ、宣言しても本人の意思が尊重されないことになります。尊厳死宣言をサポートする団体もありますし、公正証書を作る人も増えています。
エンディングノート

相続放棄は意外と難しい

1+
負の遺産は相続放棄すればよいと考えている人が多いのですが、相続の現場の話でいうと、相続放棄はそれほど手軽にできるものではないし、簡単でもないというのが実感です。遺産が不動産の場合は、無事に放棄できたとしても…
トップページ

遺言書を書く人が増えている件。

1+
日経新聞土曜版によると、遺言書を書く人が増える傾向にあるという数字が示されました。相続が引き起こす問題をあちこちで見聞きして危機感を持つ人もいると思います。相続準備としてはもちろん、人生の棚卸という意味でも遺言書を書く意味は小さくありません
トップページ

法務局での遺言書の保管制度がはじまりました。

1+
法務局で自筆証書遺言書を保管するサービスがはじまりました。利用方法を一通り理解してから行動に移すことをお勧めします。まずは自筆証書遺言と公正証書遺言の違いがわかっていないと…
エンディングノート

エンディングノートでできることとできないこと

1+
エンディングノートには法律上の効力はないのですが、うまく使えば多くの効果を得ることができます。目的をはっきりさせて、賢く使うことをお勧めします。その方法としてまず、
タイトルとURLをコピーしました