アナログ写真を生前整理する方法

終活を考える際、悩ましいものの筆頭に
挙げられるのが写真やアルバム類です。

そこで今回はエンディングノートを使って
『アナログ写真を生前整理する方法』を
ご紹介します。

目 次

【用意するもの】
【手順1~10】
【分類/メジャー・1軍・戦力外】

【用意するもの】
・アルバム 1冊
・スキャナー
・保存用の箱または不透明の袋 1個
・廃棄用の箱または不透明の袋 1個
・記録媒体(USBメモリ、SDカード、
CD、フラッシュメモリ、ブルーレイ、
外付けハードディスクなど)
・クラウドの記録媒体
(ドロップボックスなどデータを保存
できるサービスのアカウント)
・エンディングノート 1冊

【手順】

1.写真全体を1ヶ所に集めます。

2.全体の山の中から<メジャー>を
ピックアップして救済します。

メジャーは少ないほどベターです。
(小さなアルバム1冊分が理想)

特に、自分の死後も家族に保管して
もらいたい場合は、極力枚数を
抑えましょう(2~30枚まで)

3.<戦力外>専用の箱(または袋)
を用意します。<戦力外>はすべて
この専用箱(袋)に入れます。

この際、分類はしなくてよいので、
捨てるなりして家族の目に触れない
ように処分してしまいましょう。

4.<1軍>をスタメンと補欠に分ける。

たとえば旅行の写真、同じ背景、
同じポーズで2枚、3枚撮ったり
していませんか?その場合は、
最高の1枚だけを選びましょう。

もっと頑張れる!という方は、
たとえば3日間の旅行なら、
1日につき1枚だけを厳選する、
というのもよいですね。

枚数が多い上、
それぞれに思い出が詰まっています
から、苦しい作業になりますが、
ここが山場です。

せっかく行動を起こしたのですから、
「大半を捨てるのだ」というつもり
で取り組みましょう。

スタメン専用の箱(または袋)を
ひとつ用意します。
5.<1軍>の補欠たちに、
「ありがとう」とお礼を言って、
箱か不透明の袋にまとめて入れ、
ゴミとして出します。

6.<1軍>のスタメンたちを
スキャナーでざくざくスキャン
していきます。この時、年代や
イベント、撮影した順番などは
気にせず、どんどん処理します。

見直す機会はほとんどないし、
見直すのはおそらく自分です。
いつ、どこで撮影したのかは、
時代順に並んでいなくても、
大体わかるはずです。

いつか見直すかどうかわからない
のであれば、そこに時間をかける
のは得策ではありませんから。

7.<1軍>のスタメン写真の
現物を専用箱(または袋)に入れ、
『写真』と大きく書きます。

押入れか物置にしまいます。
モノを減らしたければ、
捨ててもかまいません。

8.6.でスキャンしたスタメンの
データを記録媒体に保存します。

9.8をどの媒体に記録したか、
エンディングノートに記入します。
SDカードやUSBメモリの場合、
そのしまい場所も記入します。

ドロップボックスなどのクラウド
サービスに保存した場合は、ID
やパスワードが必要になるので、
忘れず記入しましょう。

アカウントを家族と共有しておく
ことで閲覧権利の相続手続きなど
の問題を避けることができます。

10.自分の死後、画像データを
どのように処理してほしいのかも
エンディングノートに書きましょう。

【分類/メジャー・1軍・戦力外】

<メジャー>イベントや年齢に関係なく、
最期まで大切にしたい選りすぐり。

・最高に良い表情で写っているもの
・自分の人生を象徴するようなもの
・子孫に受け継いでもらいたいもの
・家族の幸福に結びつきそうなものなど。

子どもや家族に引き継いでもらいたい
場合は、負担にならない程度の枚数
(アルバム1冊に収まる2~30枚)
に抑えましょう。
<1軍>大切だがたくさんある写真たち。

  • 旅行(観光地・宿・風景など)
  • 家族(初詣・運動会・日常のスナップ)
  • 結婚式・披露宴・新婚旅行
  • 親族の集合写真(冠婚葬祭・正月など)
  • 学生時代(修学旅行など)
  • 入学式・卒業式などの写真
  • 就職後(入社式・慰安旅行など)
  • 独身時代(海外旅行・同窓会など)
  • 子ども(大量に撮りためた成長記録)
  • ペット(共に過ごした幸せな日々)
  • フイルムを使い切るために撮ったもの

<戦力外>家族に見られたくない写真。

  • 昔の交際相手との写真
  • 羞恥心をあおる写真
  • その他不名誉なもの

お問合せはこちらからどうぞ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする