なぜ遺言書を作るのか?

最近は相続の話題が巷をにぎわせるようになりました。
新聞やネットニュースでも、相続がらみの話題を目に
しない日はほとんどありません。

わたしが「相続の仕事をする!」と決意した7年前は
まだまだそういう風潮は感じられませんでしたが、
ここへきて、相続が身近な問題だということに多くの
人が気づき始めたのだと思います。

わたしのところへ持ち込まれるさまざまなケースに
触れて感じるのは、大げさでもなんでもなく、
『相続は準備で決まるといっても過言ではない』
ということです。

親御さんが亡くなってからバタバタと動き始めても、
もめているうちにどんどん時間が過ぎてしまい、
時間切れになってしまうこともあります。

あるいは、相続人の中でも、おとなしい人や自己主張
が苦手な人はあまりもらえず、声の大きな人の希望が
最優先されてしまうというケースがあります。

相続人に公平に相続させたい場合や、平等ではないが
被相続人の希望でより多く相続させたいという希望は
前もって準備しておかなければ実現できません。

たとえば、長男には独立資金や住宅ローンの頭金を
生前贈与したので次男には多めに相続させたいとか、
親御さんの看護や介護を献身的にやってくれた次男の
お嫁さんにも相続させたい、といったことです。

これらは心の中で思っているだけでは、ほぼ確実に
実行できません。こういった希望を実現するには、
遺言書が最も役立ちます。

遺言書にもいくつか種類がありますが、わたしが
お勧めするのは公証役場で作成する公証遺言です。

公証遺言作成には下記のようなメリットがあります。

  1. 公証人が法的に間違いのない遺言を作ってくれる。
  2. 証人が2名立ち会うので公平性が保ちやすい。
  3. 地元の公証役場に原本が保存されると同時に、東京法務局に内容が登記されるので、遺言の紛失や変造の恐れがない。
  4. 遺言執行人を立てるので、死後確実に遺言が実行される。

公証人が内容を聞き取って、たとえば不動産の登記簿
情報や資産内容などを正確に反映させますので、被相
続人の意思を間違いなく遺言に残せるという点では
大きな安心感が得られます。

期待できない点があるとすれば、遺言書の内容に到達
するまでのプロセスを交通整理する役目まではお願い
できないという点でしょう。

つまり、法の番人である公証人は、言われた通りに
正確に作成するのが仕事です。

けれども、その案が本当にどこまで被相続人の希望を
叶えているのかどうかまでは判別できないのです。

被相続人にしても、どこをどうすれば、自分の想いを
正確に遺言に反映させられるのか、100%判断する
ことは至難の業なのです。

遺言を作成する人には、それぞれの想いや感情があり
ますから、人情を汲んだ上でどう公平性を遺言に反映
させるのかを依頼人と一緒になって考える。

そのために詳しい不動産調査をし、家族関係を調べ、
依頼人から聞き取りをして知恵を出します。そこに
相続士の知識・経験・知恵・人情が活きてきます。

土地建物の価値や将来性を査定し、相続人の将来を
見据えた上で、最善と思われる策を提案できるのが
相続士の仕事です。
お問合せページ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする